【ヴェルファイアの値引き情報】ディーラーの〇〇の秘密を教えます

2017年版 【ヴェルファイアの値引き情報】ディーラーの〇〇の秘密を教えます

◆最新の情報をお届け!ヴェルファイア値引き情報をご紹介<>

2017年版 【ヴェルファイアの値引き情報】ディーラーの〇〇の秘密を教えます

引用:wikipedia

 

トヨタ車の中でも高級車で、”高級Lクラスのミニバン”と言えば、ヴェルファイアですね。

 

同トヨタから発売されているアルファードと似ていて、違いがよく分からない方もいらっしゃるようです。

 

ではその違いとは何か。。。実はエクステリアのデザインが違うくらいで、その他はすべて同じと言っても良いくらい同じです。

 

20代〜30代の若い年代層のニーズに応えるため、その年代向けにエクステリアをデザインし販売されたのがヴェルファイアです。

 

このヴェルファイア、ひと月の販売台数は約4千台。
高級車なのですが、順調に販売台数を伸ばしている人気の車種です。

 

 

◆ヴェルファイア 【グレード】

 

≪ガソリン車≫
▽X  3,197,782円
▽V  3,995,018円
▽Z  3,578,727円
▽Z・Aエディション  3,754,473円
▽Z・Gエディション  4,173,709円
▽ZA  4,145,237円
▽ZA・Gエディション  4,585,091円
▽VL  4,842,327円
▽エグゼクティブラウンジ  6,522,218円

 

≪ハイブリッド車≫
▽X  4,155,055円
▽G  4,775,563円
▽SR  4,919,891円
▽V・Lエディション  5,356,800円
▽ZR・Gエディション  5,501,127円
▽エグゼクティブラウンジ  7,036,691円

 

※ホームページ(トヨタ社)から主なグレードだけを転載

 

”Z”がつくグレード(エアロ仕様)が人気ですが、購入者の八割以上がこのグレード(エアロ仕様)を選ぶようです。

 

一番の人気は、”Z・Gエディション”のようです。

 

 

◆さらにお安くヴェルファイアが購入できる!?値引きの相場を知ろう。<>

 

ヴェルファイア値引き額[目標]---400,000円

 

※オプション無・本体だけの値引き額
※独自の調査で金額を算出<決算期特別割引等…考慮なし>

 

ヴェルファイアは、グレードが違えば約400万円位の金額差が出るので、値引き目標金額の決定はなかなか難しいため、値引き目標金額はひとつの目安とお考えください。

 

なおオプションを付ければ、さらに値引きをアップさせることも不可能ではないことをお伝えしておきます。

 

 

◆購入者の実例【ヴェルファイア】

 

36歳男性 長野県〔契約…2017/1〕

 

▽本体価格”Z・Gエディション”  4,173,709円
▽オプション  300,000円

 

▽本体値引き額  400,000円
▽オプション値引き額  100,000円
▽下取り額〔2010年式-ヴォクシー〕  380,000円

 

▽合計  3,825,516円【諸経費含む】

 

 

39歳男性 静岡県〔契約…2016/12〕

 

▽本体価格”Z・Aエディション”  3,754,473円
▽オプション  460,000円

 

▽本体値引き額  200,000円
▽オプション値引き額  200,000円
▽下取り額〔2009年式-オデッセイ〕  300,000円

 

▽合計  3,746,280円【諸経費含む】

 

 

上記の購入者の実例では、200,000円や300,000円などの本体値引きがされているようですが、当サイトが調査したところ、値引き額は200,000円−700,000円と、値引き額に大幅な差があったのです。

 

購入の時期・地域によっては購入価格に差が出るので、目標額より低い値引きになる可能性もありますが、大幅に高くなる可能性もありますので頑張って交渉していきましょう。

 

値引き交渉方法はどの車種でもそうですが、ライバル車の見積もりを取ってから目当ての車種の交渉に向かう事ですね。

 

ヴェルファイアの場合はトヨペット店のアルファードと比較させるのがおすすめです。

 

中身は同じ車種ですから価格も似ていて、競合させやすいんですよね。

 

 

◆まだまだ安くなる!?価格にこんなカラクリが!?

 

 

購入の実例は本体の値引き・オプション値引きなど、頑張ってもらっているよう見えますが。。。
カラクリを知っている私から見れば「もうちょっと安くなるんじゃないの。」と思うんです。

 

さて、どの部分にどんなカラクリがあるかご存じですか?

 

購入の実例で注視すべき点は、”下取り額”です。

 

この下取り額、実は結構低く設定されています。
およそですが、さらにこれから200,000円位は値引きが可能かと。

 

営業の方が、値引きが多く見えるように、ここでの下取り額を調整しているとも思えますが、実はやむを得ず下取り額を安くしなくてはならない訳があるのです。

 

→下取り額が、”ディーラーでは安い訳”と”値引き額をアップさせる方法”はこちら

2017年版 【ヴェルファイアの値引き情報】ディーラーの〇〇の秘密を教えます