2017年版 ハイエースの値引き交渉術。〇〇を使えば大幅値引き!

2017年版 ハイエースの値引き交渉術。〇〇を使えば大幅値引き!

こちらではより安くハイエースを手に入れる手段をお伝えしています

2017年版 ハイエースの値引き交渉術。〇〇を使えば大幅値引き!

引用:トヨタHP

 

現在、ハイエースを購入しようかとお考えの方に、さらに多くの値引を引き出せる方法を教えます。

 

こちらの方法を使えば数十万円も得をする可能性がありますので、しっかりと調べてみてください。

 

 

ハイエースの目安となる値引き金額は?(更新・

 

ハイエースの目安となる値引き金額 【400,000円】

 

現在販売されているハイエースは2015年1月にマイナーチェンジをしたものです。

 

2019年の年頭にフルモデルチェンジが行われる予定だという情報があるので、ハイエースの現在のモデルの購入を検討されているのなら、早いうちに購入の計画を立てることをオススメします。

 

 

ハイエース・大幅な値引きが可能なときは?

 

◇1月〜3月・決算期
◇6月〜7月・ボーナス期
◇8月〜9月・中間決算期
◇12月・ボーナス期

 

上記の期間中の中でも最も多い値引きを期待できるのが決算期です。

 

決算期ではほとんどのディーラーでセールを行うので、値引競争が激しい時期です。

 

特別に急ぐ理由が無く、とにかくハイエースを安く購入したいのなら、決算期を待つことをオススメします。

 

 

ハイエース値引交渉の具体的な方法とは?

 

ハイエースの値引きの交渉時には次のライバルとされる車と競合させるのが良いでしょう。

 

・ライバル車
【日産・キャラバン】

 

ライバル車の見積もりを取るときには注意していただきたいことがあります。

 

それは《「ハイエースを安く買うための交渉に使うだけの見積もり」だから、という思いでライバル車の見積もりを取得しない》ことです。

 

ハイエースの販売員は駆け引きに慣れているプロですから、適当に取った見積もりではバレてしまって最少額の値引しかされなくなるかもしれません。

 

ですから、買う気のないライバル車の見積もりでも「希望しているハイエースのグレード・装備に合わせる」「実際に購入するような気持ちでしっかりと値引き交渉をして取得する」ということを意識した上で見積もりを取得しましょう。

 

 

ハイエースを購入した人の実例

 

◆富山県の34歳男性 【2017年2月購入】

 

車輌本体金額 〔GL〕→2,964,109円
オプション →320,000円

 

車輌本体値引金額 →400,000円
オプションの値引き金額 →100,000円
下取り金額 〔2010年式 アルファード〕 →1,130,000円

 

合計金額 →1,931,296円(諸経費を含む)

 

 

◆福岡県の40歳男性 【2017年3月購入】

 

車輌本体金額 〔GL 4WD] →3,268,473円
オプション →230,000円

 

車輌本体値引金額 →300,000円
オプションの値引き金額 →100,000円
下取り金額 〔2008年式 セレナ〕→210,000円

 

合計金額 →3,185,560円(諸経費を含む)

 

 

ハイエースはもっと安く買える?その方法とは?

 

 

実例をみると、けっこう値引きをしてもらえてるようにみえるでしょうか。

 

ところが、当サイトで調べたところさらに値引きを期待できると判断しました。

 

見てもらいたいポイントは《下取り金額》です。

 

なんと、下取り金額が相場よりかなり低く見積もられているのです。

 

ディーラーの下取り金額が安くなってしまうのにはちゃんとした理由があることをご存じでしょうか?

 

つぎのページでは『ディーラーの下取り金額の秘密』と『下取り金額を大きく上げる方法』を説明しています。

 

→下取り金額をもっと上げてもらいハイエースを安く購入するための方法はコチラ

2017年版 ハイエースの値引き交渉術。〇〇を使えば大幅値引き!