超楽値引きマニュアル

知ってますか?見積もり金額よりもっと安く新車が購入出来ちゃいます!その方法をご紹介!

 

あなたは新しい車を買う買う時に「よし、この車に決めた!契約します!」とディーラーさんで決めた時ってどんな事を考えてますか?

 

  • 「もうこれ以上の値引きは無理」と営業さんに言われたから
  • 「この金額なら買える」と思ったから
  • 営業さんの対応が気に入ったから
  • 自分が調べた値引きの限界価格まで値引きしてくれたから
  • オプションを色々サービスしてくれたから
  • 知り合いの営業さんで信用してるから
  • そもそも高級車なら値引きは出来ないと思っているから

 

など、人によって色々なパターンはありますが考えた結果で新しい車の契約を決断してますよね。

 

「金額はいくらでもいいから、この営業さんから買いたい!」などの事情があればそれは特例になると思います。
ですが新しい車の場合はやはり一般的に「高い買い物」の部類に入ると思いますので、「どれだけ多くの値下げをされていても、更に購入金額が安くなる方法」がもしあれば知りたいですよね?

 

 

インターネットで調べたその金額は、信用して良い確かな数字ですか?

 

「一生懸命ネットとかで金額調べて、その金額よりすっごく安く買えたんだ!しかもオプションまでおまけしてもらえちゃったよ!すっごくラッキーで得な買い物ができた!」

 

そんな風に喜んでいる方、周りにいらっしゃいませんか?
インターネットには無数の情報が存在します。
「調べた情報が実は最新版ではなく古いものだった」や「ブログで実際に購入した人の記事を読んで参考にしたけど、地域が違ってて値引き相場も実は違った。自分の地域の方が値引き相場が高かった」なんて事も当然ありえます。

 

新しい車を購入する地域の値下げ情報最新版などはそんなに簡単に手に入るものではないのです。

 

 

ディーラーの営業さんの言う「これ以上の値引きは無理です」の言葉は本当なのか?

 

新しい車を買う時、だいたいの方が何店舗か回って見積もりを貰ってきますよね。

 

一通りの金額が出てきてから値段の安かった店舗の見積もりを出して「あっちのお店はこう言う見積もりだったけど、ここのお店はどこまで安くしてもらえますか?」なんて交渉をまた何件かでやってみる。
そこで結果的に一番条件の良かったお店で買いますよね?

 

これは良く大型量販店などがやっている「他店対抗」と同じ様なもので、「他のお店と比べさせて値引き額を上げる」と言う事です。
今ではもう当然の様にされていると思います。

 

そこで営業さんが言いました。
「この金額以上にはお値引き出来ません」「このお値段までなら値下げさせてもらえます」
この言葉、本当だと思っていますか?

 

その言葉が嘘か本当かが分かれば苦労はしないのですが、さすがにそこまでは関係者以外知らない情報です。

 

一般的にその様な情報は営業さんがたとえ知り合いだったとしても、業務上の守秘義務がありますので教えてくれる訳がないんです。

 

 

ではどうすれば新しい車の購入金額を抑えられるのか?

 

インターネットや知り合いの情報も本当かどうかわからない。
ディーラーの1営業さんが新車を原価販売なんて出来る訳がない。

 

じゃあどうすればもっと新しい車の値段を安く抑える事が出来るんでしょうか?

 

一番条件の良かった見積書を良く見て下さい。
「これ以上値下げしてもらうのは無理って言ってたしなぁ・・・」と思っていても
確認すべき必須項目があります。

 

そこは・・・【下取り】の項目の金額です。

 

下取りに関してこのように思ってはいませんか?

  • 新しい車を買う時に、一緒に下取りしてもらった方が色々と楽だし安くなる。
  • ディーラーの下取り金額って、中古車買い取り金額より高いと思っている。

 

新しい車を買う時にだいたい6割〜7割の人が愛車をディーラーに下取りしてもらっているんです。
でも理由は人それぞれ色々あるかとは思いますが、
金額だけで言うと実際の所「ディーラーの下取りは、中古車買い取りよりも損している」んですね。

 

 

中古車買い取り業者の買い取り金額>ディーラーの下取り金額 は当然の事なんでしょうか?

 

お店やディーラーが総力を挙げて特別予算を組んでまで「下取りを強化するキャンペーン」などをやっている場合は、もしかするとディーラーの下取り金額が高くなる可能性は否定できません。
しかし通常の場合であれば、中古車買い取り専門業者の買い取り金額の方が高くなる場合がほとんどです。

 

 

なぜその様な事が起こるのか?それは・・・

 

中古車買い取り専門業者の場合、多くは中古車販売店舗も経営しています。中古車のプロなんです。
中古車の流通状況などの事情にも精通していますし、どの車がより良く高く売れているかを考えて金額を出してくれています。

 

また「中古車買い取り専門」と看板に掲げてるので、中古車査定に関してはとても査定の水準が高いです。
細かい所まで見てくれます。なので自信をもった見積もり査定金額を出す事が出来るんです。

 

 

一方ディーラーは基本的に新車の販売をメインとしています。
なので「情報の少ない事に関して自信を持った金額を出す事は出来ない」からディーラーの下取りは安く見積もるしかないんですよね。

 

 

下取り金額より買い取り価格を高くしましょう!便利な方法をご紹介!

 

色々お話させていただきましたが、これでなぜディーラーの下取り金額よりも中古車買い取り専門業者の買い取り金額の方が高いのかがお分かり頂けたのではないかと思います。

 

それでは実際の中古車買い取り見積もり査定はどうすればいいの?と言う事ですが・・・
「たくさんの買い取り業者に見積り査定を一括でお願い出来る、無料の買い取り査定のサイトを利用する」と言う事です。

 

たくさんの業者にお願いするのは、他社競合させる事で買い取り金額を上げてもらう為です。

 

またこのサイトを利用するメリットとして、
1回の作業で複数の買い取り業者に見積もり依頼が出来るので、店舗に足を運ばなくても良いし、回る必要もない
サイトから見積もり査定をお願いしていると言う事は、同業の競合している他の会社にも同じ情報と依頼が流れてますし、その事ももちろん知っています。
なので最初から最大の買い取り見積り金額を出してくれる事が多いのでわざわざ交渉しなくても良いと言う事です。

 

 

では実際に買い取りの見積もり査定をしてもらった人の金額の例を見てみましょう

 

例えば・・・シエンタDICEの場合
ディーラー下取り金額は44万円

 

これを先ほどのサイトで3つの業者に査定を依頼したところ

 

55万円
61万円
64万円

 

ディーラー下取り金額より一番高い金額のところで20万円の差額が出ました。

 

 

例えば・・・セレナの場合
ディーラー下取り金額は57万円

 

これも先ほどのサイトで3つの業者に査定を依頼しました。すると・・・

 

72万円
78万円
85万円

 

今度はなんとディーラー下取り金額より約30万円も差額が出ました!

 

 

どちらも場合もディーラー下取り価格よりも高い値段で愛車を買い取って貰える事が分かりましたね。

 

 

それではこの見積書を持って、再度ディーラーへ行きましょう。
交渉する為に必要になるので、見積書は必ず持って行って下さいね。

 

 

この見積書を見せても下取り金額は変わらないとディーラーの営業さんに言われたら、下取りはせずに新しい車を購入して、今の愛車を中古車買い取り専門業者へ売れば良いのです。

 

 

そしてディーラーにまだ行っていない、まだこれから初めて回る予定だと言う場合でも、
買い取りの見積もり査定だけを先にしてもらっておいた方が値引き交渉を絶対有利にできます!

 

ここでの注意は「オプションや車両本体価格の値引き金額を低く設定されないようにする事」です。

 

やり方としては、普通に買いに行く時と同じように見積もりを取って貰って値下げの交渉をして下さい。
値引きが限界まで来てから、後出しで中古車買い取りの見積書を出して更に交渉しましょう。

 

「最後まで切り札は取っておく」と言う事です。

 

中古車買い取り業者一括見積もり査定依頼のサイトの利用は無料です。
とても便利なサイトになっていますので、ぜひ新しい車を購入する時に利用してお役に立てて下さい。

 

査定サイト上でも大体の査定額であればすぐに見ることは出来ますのでぜひ見てみてください。

 

かんたん手続きで圧倒的に便利な車一括査定依頼サイトはこちら