2017年版 【メルセデスベンツ Cクラス値引き交渉術】

2017年版 【メルセデスベンツ Cクラス値引き交渉術】

◆Cクラスをできるだけ安く手に入れる方法とは?

2017年版 【メルセデスベンツ Cクラス値引き交渉術】

引用:wikipedia

 

ここでは、「Cクラスをできるだけ安く手に入れたい」とお考えの方にピッタリの情報を紹介します。

 

当サイトに掲載している情報によって、値引き額が最大で「数10万円」アップできる可能性もあります。
これからCクラスを購入予定の方はぜひチェックしてみてください。

 

 

◆Cクラスの目標とする値引き金額  更新

 

Cクラスの目標とする値引き金額 → 500,000円

 

Cクラスの最新バージョンは、2017年2月にリリースされたマイナーチェンジ版です。

 

このマイナーチェンジからあまり経っていませんが、上記の金額分の値引きを得られるチャンスがあるのでうまく交渉を図っていきましょう。

 

ちなみに、Cクラスは2018年時にモデルチェンジされると予測されており、今後はより大きな値引き額が得られる期待もできます。

 

 

◆Cクラスの値引き額、より大きくなるタイミングとは?

  • 1月〜3月 … 決算期
  • 6月〜7月 … ボーナス期
  • 8月〜9月 … 中間決算期
  • 12月 … ボーナス期

上記のように1年で数回、値引きに適したタイミングがありますが、特に価格重視の方には「決算期」がオススメです。

 

が、Cクラスのように輸入車ディーラーの場合、12月を決算期に設定していることもあるので、セールのタイミングを逃さないように事前にチェックしておきましょう。

 

加えて、モデルチェンジ直前も値引きアップを得やすいため、次期モデルに関連する情報もあらかじめ調べておくと良いかと思います。

 

 

◆Cクラスの値引きを効率的に引き出すための交渉法とは?

 

うまく交渉を進めたいのなら、ライバル車種の見積もりをまず取って比較させることが有効的です。

 

ライバル車

  • 【BMW 3シリーズ】
  • 【アウディ A4】

 

価格競合を行なうために用いる「ライバル車の見積書」は作成前に注意しておくべきポイントがあります。

 

何かというと、「ライバル車も購入するかのように、抜かりなく値引き交渉を行なう」こと。

 

あなたがこれから交渉を行なう相手は、クルマの販売をしているプロです。

 

ライバル車の見積書をいい加減に作成してしまうと、「この人はCクラスしか買うつもりはないだろう」とバレてしまうおそれがあります。

 

そうなると、思うような値引き額を提示してもらえなくなるはずです。

 

 

◆《実例》Cクラス購入の方々

 

◆長野県の55歳の男性の場合 : 2017/2に契約

 

車両本体金額 【C200 アバンギャルド】 5,450,000円
オプション金額  480,000円

 

車両本体値引き金額  300,000円
オプション値引き金額  100,000円
下取りの金額 【2014年式 BMW 3シリーズ】 1,200,000円

 

合計の金額  4,562,023円(諸経費込み)

 

 

◆奈良県の47歳の男性の場合 : 2016/12に契約

 

車両本体金額 【C200 アバンギャルド】 5,450,000円
オプション金額  660,000円

 

車両本体値引き金額  500,000円
オプション値引き金額  100,000円
下取りの金額 【2013年式 Aクラス】 950,000円

 

合計の金額  4,792,023円(諸経費込み)

 

 

◆知って得をする、Cクラスの値引き術とは?

 

 

実例を見ると、上手に値引きが出来ているようですね。

 

Cクラスをこれより更に値引きをしてもらえ、もっと安くCクラスが買える方法があるとしたらどうでしょうか?

 

その方法のポイントとなるのは【下取りの金額】なのです。

 

調査によりますと、ここにあげた実例では中古車の買い取り業者の査定金額より30万円ほど低めに査定されているようです。

 

「ディーラーが値引きをし過ぎたと思い、下取りでバランスを取ったからじゃないの?」と思う方がいるかもしれませんね。

 

しかしそうではなく、ディーラーの下取り金額が安くなる理由が存在します。

 

次は、なぜディーラーの下取り金額が安くなってしまうのか?下取りの金額を上げるためにはどうしたらいいのか?を説明したいと思います。

 

→下取りの金額をもっと上げてもらってCクラスを安く購入する方法はこちら

2017年版 【メルセデスベンツ Cクラス値引き交渉術】