2017年版 プレマシーの値引き交渉を有利にするには〇〇が一番重要!

2017年版 プレマシーの値引き交渉を有利にするには〇〇が一番重要!

◆「プレマシー」値引きを大きく得るためのお得情報

2017年版 プレマシーの値引き交渉を有利にするには〇〇が一番重要!

引用:wikipedia

 

プレマシーを今から購入しようという人のために、交渉時の値引きを得やすくするための最新情報を紹介します。

 

この情報を理解しておかないと、ヘタをすると数十万円の値引きのチャンスを逃してしまうおそれもあるので、あとで後悔しないためにもぜひ目を通してみてください。

 

 

◆《プレマシー》購入時、ディーラから受けられる値引き額は?( 最新情報)

 

プレマシーの値引き可能額は ¥350,000

 

現在、2017年末にプレマシーは販売終了になるため、大幅な値引きをしてもらえる可能性が高いです。

 

加えて、オプション値引きの交渉をしっかりと行うことで、さらなる値引きアップが期待できます。

 

どのようなものを選択するか、総額はいくらかによって多少異なりますが、オプション関連の値引きは「20〜30%」程度は得られると考えておくと良いです。

 

 

プリウスPHV・値引き交渉のタイミングは?
  • 1〜3月 『決算期』
  • 6〜7月 『ボーナス期』
  • 8〜9月 『中間決算期』
  • 12月  『ボーナス期』

これらのタイミングが良いのですが、最も値引きが大きいと思われるのが1〜3月の『決算期』です。

 

決算期だとほとんどのディーラーでは売り上げを上げるために、キャンペーンをしているので多く値引きしてもらえるでしょう。

 

あとはボーナス期も狙い目で、この時もキャンペーンなどが行われますが、一押しはやはり1〜3月の決算期です。

 

 

◆「プレマシー」の値引き交渉、どのような方法がオススメ?

 

プレマシーの値引き交渉では、他メーカーの似たタイプのクルマと価格比較を行う方法がオススメです。

 

  • トヨタ…ウィッシュ、アイシス
  • ホンダ…フリード
  • 日産…ラフェスタ

 

このような車種で、見積もり依頼を出しておきましょう。

 

特にプレマシーのOEM製品である「日産・ラフェスタ」は、性能・装備などがほとんど同じで価格以外で違いを見つけるのが難しい意味でも比較対象には適しています。

 

 

比較対象のクルマの見積もりを依頼する前には、購入予定のプレマシーのグレード・オプションなどを一致させ、購入しなくともクルマの値引き交渉もしっかりと行っていきましょう。

 

購入しない側のクルマの見積もりを適当に作成してしまうと、プレマシーの販売担当者に「これは値引き交渉のために作成しただけの見積もり書だ」とバレてしまうからです。

 

営業担当者に交渉の主導権を取られてしまった場合、本来期待できるはずの値引きも得られなくなってしまうおそれがあるので要注意です。

 

値引き交渉でガッカリしないためにも、比較対象に用いるクルマの値引きもきちんとおこなった上でプレマシーの交渉を考えてみてください。

 

 

◆《プレマシー》実際に購入した人の契約内容

 

●契約例(1)【20S SKYACTIVE】
男性(31歳・兵庫県在住)

 

契約時期:2017年1月

 

【20S SKYACTIVE】本体価格:2,268,000円
追加装備:580,000円

 

本体価格に対する値引き:300,000円
追加装備に対する値引き:200,000円

 

〈下取り〉・・・エスティマ(2010年製造):640,000円

 

1,895,550円(諸経費込み)

 

 

●契約例(2)【20S SKYACTIVE】
男性(39歳・兵庫県在住)

 

契約時期;2016年12月

 

【20S SKYACTIVE】本体価格:2,268,000円
追加装備:200,000円

 

本体価格に対する値引き:350,000円
追加装備に対する値引き:0円

 

〈下取り〉・・・AZワゴン(2010年製造):130,000円

 

1,800,450円(諸経費込み)

 

 

◆《プレマシー》値引きを上乗せするなら 『〇〇』を要チェック!

 

 

上記で挙げた契約例は、どちらも良い値引きを提示してもらえていますね。

 

しかし、契約を全体的に判断すると、とてももったいない内容だったと言わざるを得ません。

 

何が問題なのかといえば〈下取り〉です。

 

あなたが新車を購入するときは、この下取り価格をきちんとチェックした上で契約を進めていきましょう。

 

現在のクルマの価値と比べてみると、上記契約時の下取り査定額はなんと¥100,000 から¥200,000 くらい低い結果に・・・。

 

新車を購入しながら要らなくなったクルマを処分できるディーラー下取りは、とても便利なサービスです。

 

でも、大半の場合、クルマ買取専門業者に下取りを依頼するよりも低い査定額となってしまうのがデメリット。

 

「新車販売時の値引き分をカバーするために下取り査定額を低くしてる」と考えてますか? それは誤解です。

 

ディーラー側は、下取り査定額を低くしなくてはならない理由があるためなんです。

 

しかし、下取りの問題は解決方法があるので心配無用です。

 

当サイトでは、ディーラーによる下取りの詳細、下取り査定額アップの方法を紹介しています。この機会に理解しておきましょう。

 

→ プレマシーの新車、下取り査定額をアップして安く入手する

2017年版 プレマシーの値引き交渉を有利にするには〇〇が一番重要!