2017年版 フレアクロスオーバーの値引き交渉術

2017年版 フレアクロスオーバーの値引き交渉術

◆フレアクロスオーバー契約時の値引きをできるだけ大きくするコツとは?

2017年版 フレアクロスオーバーの値引き交渉術

引用:wikipedia

 

このページでは、「フレアクロスオーバー」をお得に契約するための値引き情報を紹介しています。

 

数十万円の値引き額アップに成功した購入者さんも実際にいらっしゃるため、あなたもフレアクロスオーバーの購入前にチェックしてみてください。

 

 

◆フレアクロスオーバー、値引き可能な金額はどのくらい?【更新版/

 

フレアクロスオーバー値引き可能な金額・・・15万円

 

最新版となる「フレアクロスオーバー」は、2015年・12月にマイナーチェンジされています。

 

マイナーチェンジからある程度の時間が経過しているため、値引き幅は大きくなりやすい傾向にあります。

 

さらに、クルマ本体の値引きに加え、オプション品の値引きも期待できます。

 

どのような組み合わせにするかによって多少変動しますが、「20%〜30%」をオプション値引きの目安としておくと良いでしょう。

 

 

◆フレアクロスオーバーがもっとも安く購入できるタイミングって?

  • 1月〜3月 … 決算期
  • 6月〜7月 … ボーナス期
  • 8月〜9月 … 中間決算期
  • 12月 … ボーナス期

このように、1年のあいだで安く買えるチャンスは大きく4度訪れます。

 

その中で、もっとも値引き額アップの可能性が大きいのは「決算期」にあたる時期です。

 

決算期はディーラーが1年のうちでも一番売り上げを必要とする時期で、全国的に大規模なセールが始まるため購入が有利になるのです。

 

ということで、緊急で必要ではなく値引きを可能なかぎり大きくしたいのであれば、「決算期」を狙って契約するようにしましょう。

 

 

◆フレアクロスオーバーはどう値引き交渉する?

 

フレアクロスオーバーの値引き交渉では、同タイプの他社のクルマと競合させた上で進めていくのがお勧めです。

 

同タイプのクルマの例を挙げると・・・

  • スズキ・ハスラー
  • ダイハツ・キャスト
  • ホンダ・N-ONE

と、いった車種から事前に見積りを得ておき、フレアクロスオーバーの販売員との交渉に活用してみましょう。

 

 

中でも「フレアクロスオーバー」は、スズキ自動車の「ハスラー」のOEM契約による製品なので、上記のクルマの中でも特に「ハスラー」は価格競合にうってつけです。

 

「フレアクロスオーバー」との比較用のクルマの見積書を作成する際、比較用のクルマの「グレード」「オプション」の2点を、本命の「フレアクロスオーバー」の内容に揃えた上でしっかり値引き交渉を行なう必要があります

 

万が一、比較用のクルマの見積もりを適当にしてしまった場合、フレアクロスオーバーの担当者は「値引き目的の見積書だ」と判断してしまうかもしれません。

 

あなたの本心がバレてしまうと、上記の値引き額を得るチャンスを失いかねません。

 

そうならないためにも、比較に用いるクルマの見積書の作成には充分に注意を払っておきましょう。

 

 

◆実際にフレアクロスオーバーを購入した方の事例

 

契約例1…(XG)グレード購入の46歳男性
お住い・兵庫県
契約時期・2016年12月

 

(XG)本体:1,338,120円
オプション:280,000円

 

本体の値引き額:150,000円
オプションの値引き額:50,000円

 

下取り額(ホンダ・フィット ’09年式):110,000円

 

トータル:1,412,760円
※税金など諸経費含む

 

 

契約例2…(XG)グレード購入の45歳女性
お住い・秋田県 
契約時期・2016年12月

 

(XG)本体:1,338,120円
オプション:260,000円

 

本体の値引き額:100,000円
オプションの値引き額:50,000円

 

下取り額(ワゴンR ’09年式):120,000円

 

トータル:1,432,760円
※税金など諸経費含む

 

 

◆フレアクロスオーバーはまだまだ安くなる! 最大限安く買うために必要なことは?

 

 

上記で紹介した契約例での値引き額は満足いくレベルといえます。

 

しかし、値引き額だけチェックしていてはお得な価格での契約は難しいかもしれません。

 

新車購入を行なう上で見逃してはならないポイントがあることを忘れてはならないのです。

 

それは「下取り額」です。

 

ディーラーでの下取りは、新車が手に入るタイミングでそれまで乗ってきたクルマを処分できる便利なサービスです。

 

でも、新車をより安く買いたいと考えるのであれば、このディーラー下取りがネックになるんです。

 

なぜかというと、ディーラーに下取り依頼すると、クルマ専門買取り業者の査定よりも、ほとんどの場合、安くなってしまうから。

 

では、どうしてディーラー下取りは安くなるのでしょう?

 

その理由について「ディーラーは損したくないから下取り額で値引き分を穴埋めしているのでは?」とあなたも疑ったかもしれませんね。

 

しかし、それが全ての答えとは限りません。

 

可能性としてもっとも考えられるのは、ディーラー下取りは、査定額を低くせざるを得ない理由が影響しているためなのです。

 

下記リンク先では、ディーラー下取りについての解説、さらには下取り額をアップさせるための方法について紹介しています。

 

この機会にぜひご覧ください。

 

→ 下取り額を大きく増やしてフレアクロスオーバーをさらに安く買う方法はこちら

2017年版 フレアクロスオーバーの値引き交渉術