2017年版 アウディA1の値引きは簡単!〇〇を使った値引き交渉術を公開!

2017年版 アウディA1の値引きは簡単!〇〇を使った値引き交渉術を公開!

◆アウディA1を安く手に入れたい時にどうすればいいのか?

 

アウディA1を購入したいと考えておられる方へアウディA1の上手くいく値引交渉法をお伝えしています。

 

コチラの情報を最後まで読んで数十万円も安く手に入れることができたという報告もありますので、ぜひご利用ください。

 

 

◆アウディA1、新車の値引き額【最新版・

 

アウディA1の値引き額は・・・25万円

 

アウディA1は2015年6月から今まで、モデルチェンジはされていません。

 

新しいモデルが2018年に出るとの情報がありますから、今のモデルは新型発売までの間に値引き額が増えていくと思われます。

 

交渉の進め方によって先程の値引の目安額よりも多く値引きがあるかもしれません。

 

 

◆アウディA1の値引交渉に適した時期はいつ?

 

◇1月〜3月 決算期
◇6月〜7月 ボーナス期
◇8月〜9月 中間決算期
◇12月 ボーナス期

 

上記の期間中、一番大きな値引きを期待することができるのは決算期です。

 

すぐに購入しなければいけない事情がなくて、とにかくアウディA1を安く手に入れることをお考えであれば、決算期に購入することをオススメします。

 

注意する点として、輸入車はディーラーによって12月が決算期の場合がありますから、購入を考えているディーラーの情報を前もって調べておきましょう。

 

 

◆アウディA1の値引交渉の有効的な方法は?

 

値引きをうまく引き出す交渉では、アウディA1のライバル車種と競合させていく方法がオススメです。

  • フォルクスワーゲン・POLO
  • BMW・MINI COOPER
  • レクサス・CT200h

これらのクルマの見積もりを事前に用意しておき、アウディA1の販売店との交渉に活用してみてください。

 

 

ライバル車種の見積もり取得の際に注意していただきたいことがあります。

 

『ライバル車種の資料をしっかりと研究して、希望しているアウディA1のグレードと装備に近い装備を有するライバル車種にする。』
『買うことのないライバル車種でも、ちゃんと値引き交渉して見積もりを取得する。』

 

この2つのことを念頭に置いてライバル車種の見積もり取得を行ってください。

 

アウディA1のディーラーは、毎日の商談でライバル車種の現在の相場を知っていると思われます。

 

そんな相手に適当に取ったライバル車種の見積もりを見せたところで交渉の材料とはならないでしょう。

 

逆に、値引交渉が難しくなるかもしれないので、ライバル車種の見積もりはしっかりと準備することを忘れないようにしてください。

 

 

◆アウディA1を実際に購入された方の例

 

・(1)東京都在住 43歳男性の場合
契約時期・2017年1月

 

「1.0 TFSI sport」本体価格:2,650,000円
オプション:350,000円

 

本体に対する値引き:250,000円
オプションの値引き:100,000円

 

下取り額(ホンダ・フィット 2012年モデル):200,000円

 

諸経費込みのトータル:2,673,895円

 

 

・(2)茨城県在住 36歳男性の場合
契約時期・2016年11月

 

「1.0 TFSI sport」本体価格:2,650,000円
オプション:530,000円

 

本体に対する値引き:250,000円
オプションの値引き:120,000円

 

下取り額(フィアット500 2011年モデル):560,000円

 

諸経費込みのトータル:2,473,659円

 

 

◆おトクに新車を手に入れたいならこの値引きだけでは不十分! 「アレ」を確認しよう

 

 

上記では実際の購入例を2つ紹介しましたが、どのように感じますか?

 

それなりに値引きも得られているし、おそらくどちらの契約者も満足していることでしょう。

 

が、実は上記の2例は「損をしてしまった契約」といえます。

 

どのあたりが損だったのでしょう?

 

その答えは「下取り額」にあります。

 

この値について、クルマの相場に詳しい人は違和感を感じたかもしれませんね。

 

実際にそのとおりで、上記2つの「下取り額」は、中古車専門の買い取り業者が行なう査定額よりも20万円〜30万円も低いのです。

 

「新車販売時の値引き分を下取り額を低くして調整しているのでは?」と思った人もいるかもしれませんが、それが全てではありません。
別の問題があるためなんです。

 

もっとも考えられる可能性は「ディーラーに依頼する下取りはどうしても安くなってしまう理由が存在する」から。

 

しかし、解決方法はあるので、心配は無用です。

 

ディーラーの下取りがどうしても低くなってしまう理由、さらには下取り額を大きく増やためのコツについて、次のページで説明しています。

 

アウディA1の購入を検討されている方は、ぜひ目を通してみてください。

 

→ 下取り額をアップさせて、アウディA1をお得な価格で入手する方法はこちら


2017年版 アウディA1の値引きは簡単!〇〇を使った値引き交渉術を公開!

関連ページ

Q3